イタリア工場訪問記

先日、ピナレロさん主催のLa Pinaサイクルマラソンの開催に際し、ピナレロさんのあるTrevisoに滞在、工場を数箇所見学してまいりました。そのレポートを少し。

まずは ELITE さんです。
エリートと言って思いつくのは何でしょう。
DSC00694.jpgボトル、うん、DSC00695.jpgボトルケージ、そして
DSC00696.jpgトレーナーね。
これらはELITE社の展示と、トレーナーをテストするためのトレーニングスタジオです。
このスタジオ、見上げると空の映像になっているのが素敵でしょう。ここで色々な開発がされるのですね。

そして、この会社の社屋ですが、一棟は、昔、この地方で盛んだった産業の工場を保存してあります。煙突もそのままで、とても素敵です。
DSC00693.jpg
そして、よく見ていただくと、煙突の間に 日の丸が。私たちが見学に行くというので 日の丸を掲げておいてくれるやさしい会社だったのです。


次は セラロイヤルというサドルメーカーの工場です。fizi:kは、この会社の上級ラインです。
DSC00761.jpg

工場で、サドルを作る工程を、ひとつひとつ見せていただきました。
ある部分は企業秘密につき、写真NGでしたが、大雑把にご紹介しますね。

まず、サドルの上に貼る生地ですが、長い反物のような生地をはさみで同じ長さに切りそろえ、切りそろえた生地を型どおりに切り抜きます。真ん中の写真、赤いプレス機が上からどーんと下に下りてきて、下においた型どおりに切り抜かれるのです。なのでサドルにあわせて色々な型があります。
DSC00741.jpg DSC00742.jpg DSC00743.jpg

そして、皮はベースの上に、人間がふたりで引っ張りながら貼り付けます。
DSC00750.jpg

これもプレスでくっつけ、外側は、人の手でベースの内側へ折り込んでいきます。そうして、さらにあまった皮は、人の手でカッターナイフを使って切り取っていきます。
DSC00752.jpg DSC00755.jpg

そしてサドルの裏に、特殊な機械で ガチャ~ンと レールをはめ、レール部の糊付け、はみ出た糊は、歯医者さんの器具のようなもので、カリカリと取っていきます。

DSC00756.jpg DSC00760.jpg

これでようやくサドルが完成です。
この間にも、生地にロゴやマークをプレスして切り抜く工程、色や素材の違う皮を貼りあわせる工程など、さまざまな作業があります。
とにかく、大変な数の工程を、ほぼ手作業で丁寧に行っていることに大変驚きました。
サドル、高くてもしょうがないかなあ、と思わせる見学でした。










関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オケイさん

Author:オケイさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
84位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード