DURA-ACE FC-9000 クランクの締めつけ確認

少し前から気になっていたのですが、DURA-ACE FC-9000 クランクは
取り付け後、左クランク側面のボルトの締め付け確認が重要になります。
(花びら型のクランク軸のボルト・樹脂製の部分です)

IMAG3775.jpg

理由は分かりません、構造上の特性なのでしょうか、
取り付け後、その他のグレードのクランクより、この部分に締めつけ
の余裕が出やすいのは確かです。

そのまま乗ると、クランクとBBに隙間ができ、ガタが発生する可能性
もあるのでご注意を。

この部分は締めつけトルクは最小限の部分とは言え、取り付け 走行後
しばらくのメンテナンスで必ず増し締めが必要なくらい軽くネジの回る状態
になるのです。

BBの形式はシマノ純正の場合と、プレスフィットBBの場合の2例を確認しました。

もちろん取り付け時にも遊びが出ない様に、右クランクとBBの隙間が出来ない
事を確認、試し乗りの後もガタが無いか確認しております。
(このボルトのほかに、左クランクアームとBBを固定する、2本のボルトがあるので
 左クランクが外れたりする事はありませんが)

当店で定期的にメンテナンスを受けられている方は大丈夫です、ご安心を。

この例に限らず、バイクのメンテナンスは非常に重要です。
絶対に必要なのです。
ハイエンドの製品に限らず、メンテが無ければ性能を損なう事になるのは
当たり前だと思って頂ければと感じています。

他店ご購入バイクのメンテもお受けしていますし、当店ご購入バイクに関しては
通常メンテは無料ですので、是非ご利用下さいね。

usausausa.jpg
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

オケイさん

Author:オケイさん
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

フリーエリア

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
608位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
47位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード