新型は”SL-5”ではなく、”TARMAC”

本日、世界的に発表された新型 TARMAC は、”SL-5”ではなく、
TARMAC
と言う名称でお披露目されました。

RIDEFIRST.png

コンセプトは ”RIDER-FIRST ENGINEERED”
またもや”マクラーレン”との共同開発。

各フレームサイズにおける、
・ハンドリング
・BB剛性
・振動吸収性
・空力特性

を、そのサイズに合わせて最適化させた、
と言ったところでしょうか。

前回の ROUBAIX SL-4 のヘッドチューブでも用いられた、
”サイズによりローアーヘッドの大きさを変える”手法
も取り入れられてます。

今回の新型に関しては、
「軽くなりました!」とか
「剛性が高くなりました!」とか言うような謳い文句は
ありません。

全てのライダーの為に進化を遂げた
”TARMAC”
なのです。

面白かったのは、メーカーが公表したグラフ。
パワー伝達性能をフレームサイズごとに新旧モデルで比較しています。

POWER-2.png


相対的に新型フレームのほうが、パワー伝達に優れているのですが、
小さいサイズや大きいサイズで特に進化しているような結果です。
(新旧グラフで差がある感じ)

新型では49・52の2つのサイズがパワー伝達性能で大きく向上しているので、
多くの人が適正身長に該当する日本のライダーには期待できますね。

マクラーレンモデルや、ディスクブレーキモデルも気になるところ。


詳しい解説や画像はコチラ
バイクジャーナルさん→http://bikejournal.jp/main/?p=8392

シクロワイアードさん→http://www.cyclowired.jp/news/node/134522

製品に関しては、国内の発表会を行った、RABBIT STREET 江坂店で最新情報が
得られます。

By 岩崎
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オケイさん

Author:オケイさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
57位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード