戦う為の装備 ~伊吹山ヒルクライム~

寒いながらも、天候には恵まれた伊吹山ヒルクライム。

TU-さん、KANさん、そして各姉妹店のお客様、みなさん
すばらしいレースぶりでした。

K-TANIさん、目標タイム達成おめでとうございます、
登りのエースの存在感十分でした!
そして今回、24時間近くおともさせて頂いた、
”長ステム友の会”の会員 T-BAYASHIさんも
素晴らしいタイム。

来年は是非、KAWA師匠やNAKAさんも誘って行きましょう!

IMAG3279.jpg

そんな中、密かに火花を散らしたスタッフ対決。
江坂から店長・高岡氏、竜王からスタッフ相古氏が。

まだまだ若いソウコ君は、出走時間も早いので、
お見送り。

同じ年齢カテゴリーの江坂店長と一緒にスタートラインへ。
2人のバイクを記念撮影。

IMAG3278.jpg

しかし、敵ながら素晴らしいバイク。
S-WORKS VENGE に ROVAL CLX40ホイール。

気になるのはやはりホイール。
乗りなれたバイクでも、ホイールを変えれば、そのシチュエーション
へ最適化できるものです。

このレースに”登り用ホイール”を用意した方はすくなくないでしょう。

それではこのミドルハイトの”ROVAL CLX40”はどうでしょう?
このハイトでは登りはしんどい?

いやいや、これぞオールラウンドホイール。
公表1375gの軽量ホイールセットは、カーボンクリンチャーでこの重量。

DT-SWISS のスターラチェットハブに、セラミックスピード社の、
セラミックベアリング。

ロスも少なく軽量な構造。真円率の高いクリンチャータイヤを、精度の高いリム
で使用する事で、最高の走行感を提供します。

で、何が言いたいんですか? って・・・、
「そりゃ、ズルいっすよ~!」って感じ(笑)

そんな江坂店長と、やはり登り用スペシャルのホイールを投入した竜王スタッフに
見事完敗。

機材が全てとは言えませんが、同じライダーであれば、少しでも良い機材を使う方が、
レースでは有利なのは事実です。

そんな素晴らしいホイール、
ROVAL CLX-40 。RABBIT STREET 本店で実物をご覧になれますよ。
(平地でお薦めのROVAL CLX-60 もございます。)

ご興味のある方は是非。

By岩崎

(その後、自分のバイクに機材の変更を加え、来年への雪辱を誓うのでした。
 2年連続・スタッフ最遅、昨年の自己タイムにも及ばず、レース後機材トラブル
 が発覚したので、そのせいにしたりしてます。
 来年こそは~!)

関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オケイさん

Author:オケイさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
84位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード