フォークオーバーホールも始めました

気に入っているフロントフォーク。
まだまだ使いたいけど、輸入代理店のアフターサービスは一定期間を過ぎれば、
終了してしまいます。

もうオーバーホールできないの?

いや、できるんです!!
0107-01.jpg
上の2つのフォークは、お客様のご依頼品で、どちらも大事に手入れをしながら
お使い頂いていた品です。

しかしながら、メジャーメーカーのモデルチェンジのペースはとても早いので、
ものによると、4~5年ほどすれば正規品でも国内でのメンテナンスサービスが受けら
れなくなるのが現状。

ハイエンドモデルでは、10万円前後は当たり前のフロントフォーク。
数年で使い捨てて良い訳がありません。
(特にカンチブレーキ台座付きのフォークなどは、今後入手できないのでOH しておきたい
 ところですね)

そんな時にもRABBIT STREET 本店にお任せ下さい!!
alps
上の画像は以前紹介しました、リアサスオーバーホールの記事から。
→http://rabbitstreet.blog47.fc2.com/blog-entry-160.html#more

そして、いよいよフロントサスペンションのオーバーホールもお受けできる様に、
体勢を整えました!


当店から、アメリカ、リッシー・レーシング社に依頼。
オーバーホールの基本料金は、30,000円(税込み/アメリカへの往復送料込・日本国内送料除く)

お持ち込み、もしくはフォークのみを当店へ発送頂く形でお受けいたします。
ほとんどの年式のフォークの修理・オーバーホール可能ですが、まずは確認の為に、
こちらへご相談下さい。


【お問い合わせ】
06-6683-6700/info@rabbit-street.com
〒559-0024 大阪市 住之江区 新北島 3-2-26
RABBIT STRET
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オケイさん

Author:オケイさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
57位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード