ヘッドの規格

ずいぶん昔のマウンテンバイクには色々なヘッドサイズがありました。
オーバーサイズ以外には 1インチスタンダードに、フィッシャーサイズと呼ばれるものや、クライン、それからキャノンデールのヘッドショックサイズ。
一度ヘッドショックサイズを除いて、ほぼオーバーサイズ(1-1/8インチ)に統一されていましたが、5年ほど前に1.5インチが登場し、最近は上がオーバーサイズ、下が1.5のテーパーと呼ばれるものが増えています。




interbike0927004.jpg interbike0927005.jpg
上の写真はFoesの2010ニューデザインのFXRです。ヘッドはテーパーになっています。ついでに全体のフォルムも載せておきました。
フォークからの力はどうしてもヘッドチューブの下側にかかるでしょうから、理にかなっているとは思います。が、特にマウンテンは、OS 1.5 テーパーの3種類にヘッドパーツやフォーク、ステムを対応させなければならず、混乱が予想されます。

つまり、ヘッドチューブは大きく3種類ですが、フォークのステアリングコラムにも OS、1.5、テーパーと3種類あって、どのヘッドチューブにどのフォークを使うかで、ヘッドパーツを選ばなければなりません。さらに、ヘッドチューブの中には上の部分がインテグラルのものもあります。
インテグラルというのは、ベアリングがヘッドチューブの中に入り込むタイプのもので、インテグラルの規格だけで何種類もあるのです。
さらに、さらに、車輪です。
たとえばテーパーのフォークを選んだ場合、ハブ軸は20mmスルーアクセルのみだとか15mmだとか、今度はホイールの規格が制限されるわけです。

カスタムにくみ上げるときに、パーツを選ぶときに考えることが多すぎて しばらくは混乱しそうです。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

モンスターエナジー

モンスターエナジーの建物がありました。
これまた巨大で、配送センターなんだか 本部なんだか基地なんだかよくわかりません。
で、色々なトレーラーが置かれています。さまざまなスポーツのチームサポートをしてるんですね。
interbike0927002.jpg interbike0927003.jpg
カワサキと書かれていたり、別のデザイン(もちろん黒にグリーン)だったりのトレーラーのうち、ひとつに SPECIALIZEDロゴのものがありました。
これってなんのチーム?




テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Interbike速報その3




interbike0925001.jpg
今話題になっているFOXの831です。ジャンプ系のバイク用で、しかもエアーなので軽量です。
価格が831ドルという語呂合わせですが、実はもともとは会社の電話番号の市外局番なのだとか。
Intenseの951と同じですね。アメリカでは流行でしょうか。
FOXのブースの人の話では別に限定と言うわけではなく、通常のモデルとしてラインナップに加わるそうです。


こちらは、フルフェイスヘルメット着用時に首にかかる負担を軽減するためのプロテクターです。
interbike0925002.jpg interbike0925003.jpg
実際に装着してみて、ライディングポジションをとってみると、パッドの前の部分が鎖骨の真ん中にふんわりと当たり、首の後ろも意外としっかりと背中上部にのっかかる感じです。
これだとヘルメットの大きさと重みで転倒時に首が不自然にねじれたりということが減らせると思います。

その他、ちょっと目を惹いたバイクなど写真を載せてみます。
カラフルでしょう。

interbike0925008.jpg interbike0925004.jpg interbike0925005.jpg interbike0925006.jpg

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

インターバイク速報その2

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

INTENSE TAZER HT

interbike0923014.jpg interbike0923015.jpg

みなさん、ごめんなさい、一番知りたかったのはコレでしたよね。
はい。出ます。いつ出るかいつ出るかと念願のハードテール。
黒いほうはちょっと遊びっぽく仕上げてみたもの、赤いほうはレーサーっぽく仕上げてみたもので、どちらのグラフィックを採用するか、または両方採用するのかは、検討中とのこと。このショーで人気を見るのかなあ。
生産はうわさされているとおり、台湾になりますが、その分お値段も10万円を切る価格になるとか。
デザインのかっこよさは さすがインテンス。
予約お待ちしています。。。。

昨夜はインテンスの創設者でありデザイナーであり社長である ジェフとは親交が深いこともあって、パーティーにおよばれしました。
interbike0923030.jpg interbike0923029.jpg
おどけるジェフ。そして右の写真の真ん中の人は。。。。そう!かの有名なショーンパーマーです!!



テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

インターバイク速報その1

さて、23日からインドアで始まったインターバイク、ちょっとブースの数が少なくなってたかな、という印象。
周辺機器でおもしろいものが色々ありました。
たとえば、自転車で走っている時に犬においかけられたときに犬を振り切るためのスプレー。犬が嫌がる音でそばに寄せ付けないそうです。または、ステムに取り付けることで、携帯電話を持たずに話せるもの。そんな周辺機器のなかで、これはあったら楽しいかも、というのがこちら。
interbike0923005.jpg interbike0923006.jpg interbike0923007.jpg
はい、ビデオカメラです。通常CCDカメラというととても高価ですが、これはちょっと買ってみようかなというお値段。2種類あって、単4電池2本使うものはアメリカで2万円程度、充電電池のもので3万円程度のようです。バッテリーはそこそこもつようで、この箱入りキットの中にはヘルメットへのアタッチメントや、ステムのアタッチメントが含まれており、完全に自転車用となっています。




interbike0923003.jpg interbike0923004.jpg
こちらはステムにボトルケージをつけることのできる、トップキャップ。チタンのボトルケージを作っているAndrewsが作っていました。ステムのキャップをこれに替えるだけで、どんなボトルケージも装着可能です。


景気の良くない昨今、それを払拭するかのように、カラーバリエーションは増えていました!!
interbike0923001.jpg interbike0923002.jpg
これはBMXのプロファイルレーシングのパーツです。従来のアルマイトカラーに加えて、ペイントでのグリーンなどありました。
また、こちらはイギリスのこだわり削りだしパーツで有名なHOPEの新製品。
interbike0923018.jpg interbike0923019.jpg interbike0923020.jpg
新しくストレートスポークを使ったハブ、それにシートポストも作られていました。
カラーバリエーションも増えたので、日本で唯一HOPEを扱っているラビットストリートとしては、今後いろいろなカラーバリエーションに対応していきたいと思っています。

今までにないデザイン、カラーで注目を集めているのがこのPOCです。
interbike0923008.jpg interbike0923009.jpg
ちょっと変わったデザインでしょう?ここの製品、デザインだけじゃなく、機能もなかなかのものです。たとえばこのニーシンパッド。
interbike0923010.jpg interbike0923011.jpg
3ピースからできており、ひざの上の部分が自由にハードシェルの内側へ折れ込むので、ペダリング時に浮いたりずれたりすることがありません。また、ふくらはぎ後ろ側にあたる部分も別パーツでしっかりふくらはぎを保護し、ペダルで傷をつくらずにすみます。
interbike0923013.jpg interbike0923012.jpg
SIXSIXONEにも使われている素材だと思いますが、上のひざや背中のパッドに使われている素材はスグレモノ。右の写真でおわかりでしょうか。指で押しただけでへこみ、そのあとがしばらく残っています。背中に装着すると体温で背中に添うようになるらしいです。しかし、衝撃に対してはいきなり固くなります。実際にこぶしで殴ってみましたが、固くて痛いのなんの。不思議な素材です。

変わったデザインといえば、このPOINTというメーカーのステム。
不思議なこの形のステムの上には穴があいていません。つまりトップキャップ内蔵?というか、通常トップキャップで上から圧をかけますが、これはステム全体で上から圧をかけるようになっています。
interbike0923021.jpg interbike0923022.jpg interbike0923023.jpg
ペダルもちょっと不思議な形で、薄くて使いやすそうでした。
以上インターバイク情報その1でした。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

OUTDOOR DEMOってこんな感じ

out09001.jpg

ラスベガスから車で40分ほど、Bootleg Canyonでの試乗会です。ほこりっぽいでしょう。周りは砂漠です。その様子を写真にて。

out09002.jpg out09003.jpg out09004.jpg
Intense951の試乗車、Yetiのニューモデル、Specializedの試乗に並ぶ人たち(よく見ると、テントからDealerとNon-dealerの札が下がっています。分けてるんだね~。)  

out09006.jpg out09005.jpg
クリスキングからも出ていました。上がOS下が1.5のヘッドパーツです。

out09007.jpg out09008.jpg   out09009.jpg
トロイリーのブースと、ショーンパーマーレプリカ

out09010.jpg out09011.jpg
さてこの謎のバイクは?明日のお楽しみです。


テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Interbike show

ラスベガスで行われる恒例のインターバイクショーに出かけます。
まずは明日砂漠の中のアウトドアデモへ行きます。

また情報アップしますね!!!

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

Specialized S-Worksロードシューズ 2010入荷!!




IMG_0715.jpg
みなさんその入荷を待ちに待っていた大注目のS-Worksロードシューズ、2010年モデルが ようやく入荷しました!!
IMG_0716.jpg
最新モデルは、写真のようなエナメル調、2009年モデルとはちょと趣の違うデザインとなりました。
このシューズの新しい特徴は2点。
まずはダイアルです。ダイアルを締めることによって、ワイヤーが足全体を締めていくことで固定するその方式は変わっていませんが、ダイアルが2個になりました。
これによって、色々な足の形の違いによりフィットさせることができます。
そしてもうひとつはカカト部分のラバーです。
クリートをつけるとどうしても歩くときに前上がりになり、カカトのゴムはどんどん磨り減っていきます。このシューズのゴムは、内側からボルトで固定されていおり、ゴムが減った場合にには交換が可能なのです。
IMG_0720.jpg IMG_0721.jpg
もちろん、通気性のよさ、カーボンソールで軽量などの従来からの特徴は健在です。
今までもSpecializedのシューズはとても良い!一度はいたら他のものには変えられない、と言う声が多い、定評のあるS-Worksロードですが、新モデルはさらに快適なシューズになっているのです。
色はブラックとホワイトの2色。34,650円。
まだまだ日本には限定的な入荷となっていますが、ラビットストリートには40から43までのサイズが全てそろいました。
数量には限りがありますので、お求めはお早めに。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

オケイさん

Author:オケイさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
63位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード