スペシャライズド ディーラーカンファレンスレポートその1




ユタ州で行われたSpecializedのディーラーミーティングに参加したラビットストリートスタッフのレポートです。
(1日目)移動日
ソルトレイクシティーに到着。現地は快晴、乾いた空気と強い日差しがお出迎え。一行はまず市内のバイクショップ2店を見学。どちらもSPECIALIZED コンセプトストア。

①Bingham Cyclery-広い店内に綺麗なディスプレイ。スペシャのショールームの様な店内。スペシャのバイクも用品もほとんど揃う専門店です。ここを含め、5店で5億円の売り上げるチェーン店だそうです。入り口のブタは謎の貯金箱。
1 2 3

②Bicycle Center-創業25年来の平らな店舗の中は、驚異の圧縮陳列!ホイールも圧縮!しかし、スタッフはゆとりのあるアットホームな良い店でした。日曜定休のゆとり経営実施中。
4 5 6 7

見学が終わり、いよいよ目的地Snow Bird Ski Resortへ。2000m以上の高地で、まわりは切り立った岩山。敷地は川が流れる芝生の傾斜地で、登り坂で息が切れるほど空気が薄いのが実感できます。高地ではお酒の酔いも早く、期間中の夕食時は、肝臓に覚えのある僕も油断のならない状況でした。また意外なくらい観光客も多く、それと同じくらいの観光りすもいました。(地元りす含む。りすは本当にたくさんいました。)

8 9 10

当日は夕食時、創業者マイク・シンヤード氏の挨拶もあり初日を締めくりました。

(2日目)講義初日・ロード試乗
午前中に2こまの授業。“GLOBE”というシティーバイクに関しての商品説明、そしてもう一つが“パフォーマンスロード”。ここでは今回の目玉Tarmac SL3 、Roubaixの廉価モデルSector などの説明がありました。そしてこの時お披露目されたのがTTバイク“Shiv”。ファビアン・カンチェラーラと共に、ツール・ド・スイス 最終ステージ、ツール・ド・フランス プロローグ で勝利を収めている注目のバイク。空力に邪魔なフロントブレーキを巨大なステムで包み込む驚きの作り。残念ながら国内販売は無し。
11 12 13


昼食後着替えてロードの試乗へ。続いては僕なりのインプレッションです。

“Tarmac SL3 SL”100パーセント新設計を謳ったフラッグシップモデル。テーマはリア三角の剛性アップ。ペダル無しの完成車重量は6kgをわずかに下回る軽さ。この完成車をベースにAX ライトネス のステム、ハンドル、シートポスト、ブレーキと、NOKONのカーボンケーブルを使用したデモ車は4.88kgの重量でした。もはやUCIの重量規定に違和感を感じます。さて、まずは登り区間を走ります。フレームはBB付近を中心に硬く、踏んだ力が即座に推進力に変換されます。リア三角はダンシングにもびくともせず、ペダルは上支点から下支点へ一気にストロークします。非力な自分にも、力があるような錯覚をおぼえる登坂性能、もちろん軽さは重要なポイントでしょう。合わせて乗り心地も高いレベルにあるようですが、フレームの硬さが際立って縦方向の振動吸収性を感じとるのは難しかったのが正直な感想です。そして下り。上下異径のインテグラルヘッドに加え、フレーム・クランク・フォークのバランスがもたらすハンドリングの良さは定評どおり。それ以上にブレーキ性能の高さに実感しました。試乗コースの下りは簡単に70km/hくらい出ますが、スピードコントロールできる安心感は、フレーム剛性の賜物でしょう。乗れば間違いなく欲しくなる一台でした。欲しいです。
14 15

(後半に続く)

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

夏の盛りに頼もしいGEL BOT




IMG_0575.jpg IMG_0576.jpg
このボトル、サイズはぴったり普通のボトルケージに入ります。が、普通のボトルケージと違う秘密がひとつあります。それはキャップから下に伸びている中の容器。
この容器にはウイダーなどのエナジージェルを入れるようになっているのです。もちろん回りのボトルには水やスポーツ飲料などのドリンクを入れます。そして、なんと、片手でどちらも飲めるのです。
IMG_0577.jpg IMG_0578.jpg
左の写真のように、口でくわえてノズルを引っ張り出した状態でボトルの中ほどを押してやると、通常のボトルのように飲料が飲めるのです。が、右の写真のようにノズルを押し込んだ状態でボトルを押してやると、ノズルからエナジージェルを吸い出せるというわけです。
写真のものはバイク用で、ドリンク容量 650ml、ジェル容量90ml。2500円です。
他にラン用もあり、それにはハンドホルダーが着いています。

この賢いボトル、ハイドレーションパックメーカーの Hydrapakが販売しているようです。Hydrapakといえば、裏返して洗えるなど小技の利いたリザーバーに定評があります。
Hydrapakリザーバーの説明はこちら→サンメリット
そういうアイデアからこのボトルも可能にしちゃったのかも知れませんね。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

★Specializedディーラーズカンファレンスin USA★




ラビットストリートのリーディングスタッフ、Kotaが、ユタ州で行われたSpecializedのディーラーズカンファレンスから帰国しました。
ユタの、スノーバードというスキー場で、Specializedの2010年にモデルチェンジとなる新しいバイクに関する技術的な情報を学んだり、また、2010年モデルのバイクを試乗してきたのです。
日本からはおよそ50店ほどが参加したのではないでしょうか。
ディーラーズカンファレンスに関する詳しい情報は本人からのレポートを待つとして、今回Kotaが持って帰ってきたものをご紹介。
IMG_0564.jpg IMG_0565.jpg
これ、トロフィーです。昨年の春、Specializedのコンセプトコーナーを中心に大幅な改装をしたラビットストリートですが、なんと、Japan2位のディーラーとしてパーティーで表彰されたそうです。
外国の人もたくさん参加したInternationalなパーティーのステージ上での表彰はさぞかし気持ちよかったと思います。
これを励みに一段とがんばらねば!ネ。
 

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

FOESの小物入荷!




Jerseys.jpg  IMG_0563.jpg

Foesからアクセサリーが届きました。
写真は半袖のチームジャージです。メッシュ生地で、気持ちよさそうです。
色も地味でなく派手でなく、かっこいいです。お値段もチョーリーズナブルな7,900円。

IMG_0560.jpg  IMG_0561.jpg
こちらはアルミ削りだしのバッシュガードです。削りだしってところがアメリカンですよね。
4穴の104PCD用で、38Tくらいまでのチェーンリングに最適です。
なんと、激安の5,000円。

どちらもメーカーがFoes Japanを設立して、他の商社などを経由しない販売方法に変えたおかげで実現したお値段ですね。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

このごろ流行りのペダル




IMG_0553.jpg  IMG_0554.jpg

最近急にブレイクしているこのペダル、SpeedplayのZeroというモデルです。
このごろ雑誌にも随分取り上げられているので、そのせいかも知れません。

Speedplayと聞いて なつかし~と思われる方、長いこと自転車乗ってますね。
そう、随分前、90年代の初め頃かな、日本のマウンテンバイク界のスーパースター、ウィンクジミックさんが使っていました。たしかご自分で輸入するお仕事もなさってたように思います。

このZeroというモデルは基本的にロード用ですが、なぜかマウンテンに使う人もBMXに使う人も出てきています。たしかに泥詰まりしにくい構造はダート向きとも言えますね。
他のペダルには無い、振り幅調整というのができることで足首が自由になるそうです。
その他、色々な調整ができますが、そういう、通常ペダルについているような機能がクリート側についています。そのためペダルはとても小さくシンプルで、クランクに装着しても まるでペダルがついていないかのようです。
羽目心地はシマノに比べて パコンッと かっちり入る感じです。

写真のモデルはステンレスシャフトですが、クロモリやチタンもあります。
クロモリで14,490円、ステンレスが20,790円、チタンは31,290円です。
クリートが大きく、素材的にも滑りやすいので、歩く際にはご用心。

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

オケイさん

Author:オケイさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
903位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
63位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード